初等社10月講演会のご案内

各位

尖閣諸島の領有権問題は、日中関係の正常化を妨げる大きな要因となっています。

更にわが国は、台湾と長い間友好な関係を続けてきましたが、尖閣諸島の領有権を巡る両国の主張には、それぞれの国益が強く反映し、台湾との関係にも影響を及ぼしています。今月は、外務省の要職を務め、最後に(財)交流協会台北事務所長(駐台大使に相当)を務められた池田先生化から、日本と新政権発足後の台湾との関係についてお話を伺います。

 

 

日時 10月18日(火曜日) 受付 6時30分 講演 7時から8時45分

懇親会 8時45分から10時

場所 国際文化会館 Ðルーム

講師 池田 維先生 立命館大学客員教授 (財)霞山会理事長

元ブラジル大使 オランダ大使 外務省官房長

アジア局長

演題 台湾の新政権と日台関係

会費 顧問 ご招待 会員2千円 ゲスト4千円 (コーヒー付き)