初等社1月講演会のご案内

各位

平成30年12月21日

師走の候 何かとお忙しいことと存じます。

今年1年当会の活動にご参加いただきありがとうございました。

****************************************

来年1月に講師としてクレアモントビジネススクール教授の山脇先生をおむかえます。

ロスアンジェルス郊外に位置するクレアモント大学は、経営学の神様ドラッガーが、90歳を超えて教鞭を取られ、同氏を記念した名前の持つビジネススクールです。

山脇先生は、慶應大学経済学部を卒業後、ハーバートビジネススクールでPHDを獲得され、多くの米国のビジネススクールで教えられ、現在クレアモント大学ビジネススクールの教授を務めています。

山脇先生は、現在アメリカが置かれた状況は、遠い将来に予測された懸念が現実化していると分析しています。現在米国社会に生じている様々な経済事情について先生の分析を踏まえてお話を伺います。

なお、山脇先生が大学を卒業した昭和50年卒業組は、長谷山慶大塾長,永野東京海上日動ホールデング会長を始め、多くの一部上場企業の社長を輩出しています。まさにVintage Yearの中でも傑出した存在です。

日時 1月15日(火曜日) 受付午後6時30分 講演 午後7時から午後8時45分

場所 国際文化会館 Dルーム

講師 山脇秀樹先生 Claremont Graduate University Druker School of Management

演題 「すでに起こった未来 昨今の米国社会の経済事情」

会費 顧問ご招待 会員 2000円 ゲスト 4000円 (コーヒー付き)

初等社12月講演会のご案内

各位

12月の講演会は、11月講演会に引き続き、ヨーロッパに関する内容となります。EU加盟国の中で各国の利害が表面化し、EUの分裂、離脱、ナショナリズムの台頭が見られるようになり、東欧、ポーランド、ハンガリー、オーストリアまでもが、右派、親露傾向を示すようになってきています。ウクライナは、中欧における大国であり、ロシアにとってまさに目の上の「大石」となり、極めて戦略的に重要地域となっています。

EU先進国とEU中進国、ロシアにとってウクライナの動向如何で欧州の地政学的リスクが変化してきます。また、NATOとロシアとの間に存在する諸課題に対して大きな影響を及ぼして来ると考えられます。

来月は、元ウクライナ大使の黒川先生をお招きし、東欧の要であるウクライナに焦点を置き、ヨーロッパの抱える諸問題についてお話を伺います。

日時 12月20日(木曜日) 受付午後6時30分

講演 午後7時から午後8時45分

場所 国際文化会館 Dルーム

講師 黒川祐次先生 元ウクライナ大使 元コートジボワール大使

元日本大学国際関係学部教授

演題 「東欧の要 ウクライナ ロシアの脅威の楯として」

会費 顧問ご招待 会員 2000円 ゲスト 4000円 (コーヒー付き)